スキンケア

マスクによる肌荒れ対策

その肌荒れ、マスクが原因かも…?

マスクが生活必需品となったコロナ渦の中、お肌状態は以前と変わりないですか?

季節や環境の変化、生活リズムの乱れなど様々な要因によって引き起こされる肌トラブルですが、

実はマスクの影響もあるかもしれません。

かといってマスクを外すことのできないこのご時世、どのように肌を守るのか。

今回はマスク時の肌荒れ対策のお話をします。

マスクによって起こりうる肌トラブルの種類

1. ニキビ

マスクをすることによって、マスク内の湿度・温度が高くなり、皮脂や汗の分泌が活発になります。

それにより雑菌が繁殖しやすくなり、ニキビの原因となるアクネ菌が増える影響になります。

2. かぶれ

肌表面には角層という組織があり、うるおいを逃さないようにする「保湿機能」と外的刺激から肌を守る「バリア機能」があります。

それがマスクによる摩擦や肌に合わない素材による刺激によって「バリア機能」が低下し、かぶれの原因となります。

3. 乾燥

マスクをしていると肌がしっとりするので保湿されている、と思われがちですが実は真逆で肌は乾燥しやすくなっています。

マスクを外したときに水分が蒸散し肌のうるおいも奪われ、それにより乾燥やシワが引き起こる原因となります。

また、1日の中で何度もマスクを外すことによって肌の水分・油分のバランスが崩れ、肌状態を不安定にします。

マスク肌荒れを防ぐコツは?

1. 保湿

かぶれは肌表面のバリア機能が低下し角層が乱れている状態なので、丁寧に保湿をしバリア機能を正常に整えてあげましょう。

保湿をすることによって乾燥を防ぐだけでなく、ハリをだし小じわを防ぐ、透明感をだすといいた効果があります。

肌がデリケートな方は、刺激の少ない敏感肌用のスキンケアアイテムを使用しましょう。

ミスト状化粧水などメイクの上から手軽にうるおいを補給できるアイテムもおすすめです。

2. 洗顔

マスク内は雑菌が繁殖しやすい環境なので、清潔にする必要があります。

ただメイクをしているとこまめにウェットティッシュで拭ったり、お直しするのは大変だと思うので、クレンジング&洗顔を丁寧に行い、その日の汚れはその日の内に落としましょう。

3. マスクの素材を変える

肌着や洋服と同じでマスクの皮膚に合う合わないがあります。

使い捨ての不織布マスクだと、チクチクして痒いという方はシルクやコットンなどの肌当たりの優しい素材のマスクにすることによって肌トラブル改善にも繋がります。

より良い肌を目指すために

これからの時期、気温湿度の低下により乾燥で肌トラブルが引き起こしやすい時期となります。

さらにマスクをすることで雑菌繁殖やこすれによる肌トラブルにも繋がります。

保湿+洗顔+マスクの素材確認に加え、マスクはこまめに替え、清潔を保ちましょう。

-スキンケア

© 2021 emuの美忘録