メイク

今更聞けない!?化粧直しの方法

夏が終わりようやく涼しくなってきましたが、まだまだべたつきが気になるこの季節。

今回は部分別の化粧直しの方法についてお話しします。

①ベースメイク

必要なもの

  • ミスト状化粧水
  • 乳液
  • 下地
  • パウダーファンデーションorフェイスパウダー
  • ティッシュペーパー
  • 使い捨てスポンジ

ベースメイクの化粧直し方法

①顔全体にミスト状化粧水をふりかける。
 ※少しかけすぎかな…くらいがベスト!

②浮き出てきた皮脂を吸い取るべく、ティッシュで顔全体を優しく抑える。

③少量の乳液をつけ崩れが気になるところに馴染ませ、スポンジで軽く拭う。
 ※乳液でなくとも、油分が多いものならOK。沢山付けすぎてしまうとまた崩れの原因になるので注意⚠︎
  特に額や小鼻などのTゾーンは元から油分が多いため、ごく少量に留める。

④下地を薄く伸ばす。
 ※下地には凹凸・色ムラ補正や皮脂や乾燥による化粧崩れを防ぐといった効果があるため付けた方が仕上がりは綺麗である。

⑤パウダーファンデーションorフェイスパウダーで抑える。
 ※しっかりカバーしたい方はパウダーファンデーション、ナチュラルにカバーしサラサラに仕上げたい方はフェイスパウダーがおすすめ!

目の下のくすみが気になる人は、④の後にコンシーラーをつけ上からパウダーファンデーションorフェイスパウダー、そしてハイライトを乗せると明るく見えます。

②アイシャドウ

必用なもの

  • 綿棒
  • 下地
  • パウダーファンデーションorフェイスパウダー
  • アイシャドウ

アイシャドウの化粧直し方法

①綿棒の先に下地をつけ、崩れている部分を拭う。
 ※目周りは皮膚が薄くデリケートな為、乾いている綿棒で拭うと摩擦が起き、炎症や乾燥の原因となる。

②パウダーファンデーションorフェイスパウダーで抑える。
 ※この工程を抜かして下地の上に直にアイシャドウをつけしまうと、粉が沢山ついてしまいぼかせなくなる。

③アイシャドウを重ねる。

②リップ

見出しテキスト

  • リップクリームorリップバーム
  • ミスト状化粧水
  • コットン
  • 口紅

リップの化粧直し方法

①唇の上にリップクリームorリップバームを多めに塗り、馴染ませる。

②コットンにミスト状化粧水を含ませ、浮き出た口紅や唇の皮を優しく拭う。

③口紅をつける。

いつでも綺麗な私でいたい♡

ここまでの記事をご覧になり、持ち運び用の乳液や下地持っていないよ!という方はスティック状のお化粧直しアイテムなど、適度に油分があるものでしたら代用OKです。

コロナ渦でマスク生活が基本となり、"擦れ"や"蒸れ"による崩れが特に気になる今日この頃。

基本の化粧直しを見返し、夜まで綺麗な私でいましょう!

-メイク

© 2021 emuの美容ブログ