スキンケア メイク

つらい花粉症を乗り越えよう

いよいよ花粉の時期

花粉が飛び交う時期は暖かくなった春頃、と思われがちですが実は2-3月がピーク。

早めの対策でつらい花粉症を乗り越えましょう!

花粉症の原因

花粉症とは鼻や口に入ってきたスギなどの植物花粉により、体の免疫反応として鼻水やくしゃみがでる症状のことを指します。

アレルゲンである花粉が鼻や口の中の粘膜に触れることにより、体内で抗体が作られマスト細胞と結びつきます。

その後マスト細胞からアレルギー誘発物質が放出され、花粉症の症状であるくしゃみや鼻水等を引き起こします。

日本にはスギの他に、ヒノキ、ブタクサ、イネ、ヨモギなどの花粉があり、それぞれ飛散の時期が異なるので一年中花粉症にお悩みの方もいます。

今すぐできる!効果的な予防

1. マスクを着用する

コロナ渦で日常的になったマスクですが、花粉症対策にも非常に効果的です。

マスクだけでも70-80%花粉をカットできるとも言われていますが、少しでも隙間があると侵入してしまう為サイズに合ったものを選び、きちんと鼻と顎を覆いましょう。

2. 家の中に花粉を持ち込まない

衣服に付着する花粉量は1時間換気をして侵入する花粉量より多いと言われています。

衣服に花粉がつかないようにする為にも、洗える服は柔軟剤を使用しましょう。

花粉は静電気が発生することにより付着しやすくなりますが、柔軟剤には静電気の発生を防ぐ効果があるため家に花粉を持ち込むのを防ぐことができます。

柔軟剤の使用が難しいアウター等は、静電気防止スプレーもおすすめです。

また、家に入る目に手で花粉を払い落とすのも効果ありです。ただし、そのあとはしっかり手を洗いましょう。

3. 花粉対策アイテムでブロック

化粧品でも花粉対策をすることができます。

「IHADA アレルスクリーンEX」

顔や髪にスプレーを吹きかけることによって、花粉やPM2.5の付着を防ぐことができます。

メイクの上からかけれるのは良いですよね♪

カネボウ グローバルスキンプロテクター

肌表面に薄い皮膜を張り、花粉や大気中の微粒子汚れを防ぐことができる、日焼け止めクリーム。

SPF50+で保湿も10時間続くので、紫外線や乾燥が気になる方にもおすすめです!

早めの対策を

花粉症の人は年々増加していますが、一度発症すると完治するのは難しいと言われています。

しかし、適切な予防&対策をすることによって、症状を緩和することができます。

花粉が飛び交う時期に向けて、今から生活習慣を見直して免疫力を高めましょう。

-スキンケア, メイク

© 2021 emuの美容ブログ