スキンケア

美容効果の高い入浴法

こんにちは、しずかちゃん並にお風呂が大好きemuです。

今回は私が普段から実践している、健康且つ美容効果の高い入浴方法についてまとめます。

湯船に浸かることで得られる効果

お湯で皮膚をふやかし、垢や毛穴の汚れを落としやすくする「清潔に保つ」という効果以外にも入浴には様々な効果があります。

3つの効果

  1. 温熱効果…体が温まることにより血行が促進し、新陳代謝が高まることによって老廃物の排泄を促す。
  2. 鎮水圧効果…全身に水圧がかかることにより、内臓が刺激され血液やリンパ液の循環が活発になる。
  3. 浮力効果…浮力で体が軽く感じることにより、筋肉がほぐれ、リラックスできる。

中でも温熱効果に関しては女性の7割といわれる冷え性にも嬉しい効果で、体を温めて血流が良くなることによって改善されます。

おすすめな入浴法

ダイエットや美肌、睡眠の質を高めることが目的であれば、肩までしっかり浸かる全身浴よりも胸から下の半身浴がおすすめです。

なかなか時間に余裕が取れない方は短時間の全身浴で温まるというのもありだとは思いますが、水圧が全身にかかる分、心臓の負担が大きくなります。

もし全身浴をするのであれば一気に肩まで浸かるのではなく、ゆっくりと浸かりましょう。

半身浴は全身に負担がかかりにくいという他に、じんわり温まるので毛穴が開き老廃物を排出しやすく、デトックスの効果もあります。

そして気をつけていただきたいのは温度です。

日本人がもっとも気持ちの良いと感じる温度は「42℃」ともいいますが、温度の高いお風呂だと緊張、興奮の自律神経「交感神経」が優位に立ち、目が覚めた状態となります。

寝る前のリラックス効果を期待するのであれば、気持ちを鎮める働きをするリラックスの自律神経 「副交感神経」を高める37〜40℃のぬるめなお湯がおすすめです。

また、半身浴の場合の入浴時間ですが、発汗するまで20分程度といわれているので20〜30分が理想です。

もちろん30分以上でも結構ですが、必ずこまめに休憩・水分補給をしてください。そして、長時間入浴することによってセラミドといわれる皮膚のうるおい成分を失うため、入浴後にしっかりボディクリームを塗るなどして保湿を心がけてください。

私の日々の入浴法

ちなみに私は、このように入浴しております。

  1. お湯は40℃に設定し、胸元までの水位にする。
  2. お風呂場に水・本・スマホを持ち込む(⚠︎落とさないように注意)
  3. 入浴剤を入れ、ゆっくり湯船に浸かる。
    そして、好きな音楽をかけながらマッサージをしたり、本を読む。
  4. こまめに水分補給をし、30〜40分後に出る。
  5. 入浴後、ボディクリームをつける。
  6. 軽くストレッチをし、ベッドイン。

私はダイエット目的で半身浴をはじめましたが、デトックス効果で肌もつやつやになり、冷え性も改善され、睡眠の質が高まりました。

ダイエットはまだ途中ではありますが、半身浴の習慣を身につけるようになってから、食生活は変えずに3kg落とすことができました。

また入浴剤は必須ではないですが、入浴そのものによって得られる温浴効果と清浄効果を高めるといったメリットがありますし、目的に応じて様々な種類があり楽しむことができので私はいつも入れています。

私が普段使っている入浴剤はこちらです。

こちらは発汗作用があるだけでなく、お湯の肌当たりがまろやかで湯冷めしにくくなるのでおすすめです。

乾燥が気になる方はこういったミルク系のほうが保湿してくれるので良いと思います。

私は常日頃から音楽を聞くのですが、こちらのスピーカーは防水且つ高音質で、浴室の物干し竿に吊り下げて音楽をかけるだけで自分だけのライブ会場になります。笑

そして、入浴後につけているのはヴァセリンのボディクリームです。

伸びがよくしっとりと保湿してくれるだけでなく、ラベンダーの優しい香りに癒され、すぐ眠りにつけるようになりました。

まとめ

入浴に期待する効果は人それぞれあると思いますが、大切なのは楽しく継続することだと思います。

これから寒くなり冷えが気になる季節だからこそ、湯船にゆっくり浸かり身も心も温めてください♡

-スキンケア

© 2021 emuの美容ブログ